ストレスチェックをきっかけに

”本気で” メンタルヘルス対策に取り組みたい

事業所様を "本気" で応援します!


厚生労働省の調査によると、労働者の6割がストレスを抱えています。

また、ストレスの原因が、職場の人間関係など、職場に起因するものであることが報告されてます。

 

実際には潜在的ストレスを抱えた社員や

自覚があっても、自ら相談しないことが多く、

働く人のほとんどがストレスを抱えていると言っても過言ではありません。

 

その結果、労働生産性は低下し、

肉体的・精神的疾患を患う人や自殺にいたる人も年々増えているのが実情です。

こうした状況を憂慮して義務づけられたストレスチェック制度の実施義務化ですが、

「高ストレス」という結果を受け取っても

自ら申し出て、医師による面接指導を受ける労働者は非常に少ないのが現状で、

ストレスチェック本来の目的を十分果たしているとはいえません。

 

ストレスチェック制度は、ただ単にメンタル不調者が誰なのかを特定するのが目的ではなく、

自分のストレスに気づいた労働者が、自ら適切なストレス対処に取り組むこと、

また、職場がそもそもストレスを生み出しやすい場所なのかを知るとともに、

その原因を特定し、職場環境自体を改善することがその重要です。

 

 

ストレスチェック制度は「義務」ではありますが、

それをどう活かすかで企業の生産性向上にも影響を与える「チャンス」にもなります。

 

●ストレスを抱えていない社員のほうが、生産性が良いのは明白です。

●コミュニケーションが増えることはよりよい報連相にもつながります。

●きちんとした体制作りは今後の採用活動などのアピールポイントにもなります。

●長期雇用にもつながるため、余計な採用費を削減できます。

●昨今増えている従業員や家族からの起訴リスク、そのたリーガルリスクを低減させます。

 

 

わたしたちは、こうした背景からストレスチェックの結果を活用した

メンタルヘルス対策構築支援を行っています。

 

ストレスチェックを単に行うだけでなく、

ストレスチェックの結果を活用したストレス低減の取り組みを行い、

労働者のセルフケアに関する知識とスキルを定着させ、

ストレス対策が日常的に行われている生産性の高い職場をつくり、

労働者ひとりひとりが、仕事を通じて自己実現できるような働き方ができることを

つくりあげたいと願っています。

産業保健の経験豊かな保健師におまかせください

株式会社開業保健師は、産業保健分野での経験豊かな保健師が、

御社のストレスチェックや健康管理業務をお手伝いいたします。

十分な現場経験を持つベテラン保健師に安心しておまかせください。

本社代表 村田陽子

            (東京都港区)

 

 

北海道立衛生学院保健師課卒業後産業保健(朝日新聞、㈱HOYA、 日経BP社)現場で実績を積み、1990年に個人事業主「独立した 保健師」になる。

開業保健師の草分け的存在として、保健師の開業の支援や教育にかかわる。

 

1995年に「有限会社 ビーイングサポート・マナ」を、2000年には、NPOまなネットを設立。

 

単なる疾病予防でなく、「ひとりひとりの『生き方』を援助する健康教育」という視点を持ち、人生の質を高める基盤として、健康であることが大切という考えから、「保健医療従事者向けのセミナー」「健康に関する講演」「地域や企業、健保の事業支援」を実施。

更にはコーチとして個人をサポートしている。

 

東京事業所 齋藤明子

       (東京都中野区)

 

 

看護師として総合病院およびグループ企業の診療・健康管理を経験したあと、「病気にならないよう支援したい、予防について学びたい」と29歳で保健師学校に進学。

卒業後は、保健所(地域保健)に

3年ほど勤務したが、親の介護のために退職。

先輩保健師の誘いで企業に就職し、安全衛生健康管理活動や健康増進活動に取り組む。

 

その後外資との合弁企業に非常勤雇用されたのを契機に個人事業主として平成10年ヘルス&ライフサポートTAKを設立活動を開始し、 平成25年に法人化した。

 

保健師・労働衛生コンサルタント・産業カウンセラーとして、

中小規模事業場の健康管理体制構築支援、経営者や社員の健康相談、教育活動のかたわら、NPO活動や研究会に参加し看護専門職の人材育成等に関わる。

 

大阪事業所 徳永京子

        (大阪市旭区)

 

 

大阪府の保健所で24年間、公衆衛生行政に従事。公務員生活の最後の1年、メンタル不調による休職を経験したことをきっかけに「はたらく人の心の健康づくり」の重要性に気づき、長年勤めた大阪府を退職。
心理学を学び、大手電機メーカー、IT関連会社、福祉系専門学校、 EAP会社等で、心身の健康管理と教育に携わる。

単に、リワーク(復職)ではなく、リライフ(人生を取り戻す)を目標に、はたらくこころと向き合っている。

 

公務員時代に培った「面白くて、わかりやすい健康教育」の特技を生かし、企業や自治体で講演活動を展開。 数々のセミナーコンテストの優勝経験を持ち、依頼件数 3000本を超える実力派講師としても活躍中。口コミによる研修の依頼は絶えない。

 

 

 



1.ストレスチェック実施者代行

実施者は、ストレスチェックの成否を決める要ともいえる重要な役割です。

産業保健の経験豊かな保健師が、御社のストレスチェックの実施者を代行します。

また、ストレスチェックと面談同時実施により、事後対策100%をサポートします。

 

実施者の役割

・ストレスチェック全体の企画、運営

・ストレスチェックの結果返し、結果説明、セルフケアの助言

・高ストレス者の面接、医師による面接の勧奨

・職場環境改善活動の提案  等 

 

2.ストレスチェック事後対策

ストレスチェックを実施するだけでは、従業員のセルフケアに役立てることはできません。

ストレスチェックの結果をどう見て、どう生かすかが大切です。

従業員のみなさんが、心と体の健康づくりのヒントをお伝えする研修や、面談などをしています。

 

3.健康診断後の健康相談

こころとからだの健康をトータルにサポートし、より元気にいきいきとはたらくことを応援します。

・健康診断後の健康相談や受診のお勧め

・病気療養に関する相談

・休職、復職の相談

・子育て、介護に関する相談 など。

4.健康経営のための支援

近年、社員の健康に投資する「健康経営」という考え方のもとに、

社員の健康管理に力を入れる企業が増えてきました。

その実践を担うのは、産業医、保健師としった産業保健スタッフですが、

規模の小さな会社では、産業医や保健師確保することが困難だといわれています。

必要な時に、御社の健康経営の充実支援や、産業保健業務をお手伝いいたします。

また、すでに産業保健スタッフがおられる場合、スタッフのスキルアップや、

体制の充実に関するコンサルテーションも行っています。

株式会社 開業保健師

本社    〒106-0032

      東京都港区六本木7-8-5-1002        

      TEL=03-3475-5838

 

東京事業部 〒164-0003

                              東京都中野区東中野4-9-3

      ミッシガーデン105

          TEL=090−8174−8041

 

大阪事業部 〒530-0003

                               大阪市北区梅田1−1−3 

      大阪駅前第3ビル2307

                               TEL=06-7164-3618