ストレスチェック実施者業務を代行します


労働安全衛生法の改正により、ストレスチェックが義務化されました。

50人以上の従業員を有する事業所は、年に1回以上、従業員のストレスチェックを行う義務があります。

ストレスチェックの実施にあたっては、医師か保健師が実施者になる必要が

あります。

医師、保健師の確保が困難な事業所の実施者業務の代行をいたします。

産業保健の経験豊かな保健師がサポートします


ストレスチェックをただ実施するだけでは不十分です。ストレスチェックの結果を、従業員のみなさまのストレスケアに生かし、快適な職場づくりをすることが大切です。

私たちは、健康診断後の健康相談や、ストレスチェック後のストレスケアなど、働く世代の心と身体の健康づくりや健康管理のプロです。産業保健の経験豊かな保健師が、御社をサポートします。

保健師の役割


保健師は、看護師資格をベースに、健康相談、健康教育、しくみづくりのコンサルティングのプロです。

健康相談

保健師は、医学的知識を持つ健康相談の専門家です。

ストレスチェックの結果を返す時に、ストレスに関する相談を受けることができます。

健康教育

保健師は、予防の視点を持つ健康教育の専門家です。

従業員全員に対して効果的なストレスマネジメントの教育研修や啓発をすることができます。



コーディネイト

保健師は、コーディネイト機能を持つ連携の専門家です。

産業医や人事、他の専門機関などと連携し、従業員のみなさんに効果的な支援をします。

コンサル

保健師は、しくみづくりの専門家です。

個人の問題、集団の特性を合わせて分析し、必要なしくみをつくるお手伝いが

できます。

ストレスチェックをきっかけにメンタルヘルス対策を構築するのに最適です。