1.ストレスチェック実施者代行


実施者は、ストレスチェックの成否を決める要ともいえる重要な役割です。

産業保健の経験豊かな保健師が、御社のストレスチェックの実施者を代行

します。


実施者の役割

・ストレスチェック全体の企画、運営

・ストレスチェックの結果返し、結果説明、セルフケアの助言

・高ストレス者の面接、医師による面接の勧奨

・職場環境改善活動の提案  等 

2.ストレスチェック前後の啓発、研修


ストレスチェックを実施するだけでは、従業員のセルフケアに役立てることは

できません。ストレスチェックの結果をどう見て、どう生かすかが大切です。

従業員のみなさんが、心と体の健康づくりのヒントをお伝えする研修や、管理

職のみなさんが、部下のマネージメントのひとつとして、メンタル不調をより

早期に把握し、ケアする方法を学びましょう。

3. 快適な職場づくり、職場環境改善活動


職場の快適度診断結果では、心身の健康被害を引き起こす可能性のある職場が

把握できます。更に、その職場で、何が問題になっているのかが、項目でわか

るしくみになっています。その結果を元に、「職場環境改善活動」を取り組む

ことができます。研修+フォロー体制の構築で、メンタル不調者を出さない

土壌づくりができます。


ストレスチェックには大きな2つの役割があります。1つ目は、個人のストレスの状態を把握し、ストレスケアに役立てるという応急処置。2つ目は、職場全体のストレスの状態を把握し、より働きやすく、メンタル不調を生み出さない職場をつくる職場環境改善活動という体質改善です。この2つは車の両輪で、どちらか1つでは、うまく機能することができません。

今回のストレスチェックでは、職場環境改善活動は努力義務にとどまりましたが、より働きやすく、生産性の高い職場づくりのために、是非、職場環境改善活動にも取り組みましょう。